むち打ち慰謝料相場は?治療費打ち切り対抗

むち打ち慰謝料相場

突然の保険会社からの治療打ち切り

むち打ちで治療を続けていると、突然治療費打ち切りを宣告されることがあります。これは治療の成果が上がっていない場合に良く有る事ですが、場合によっては治療の効果が上がっていても打ち切りを宣告されることがあります。

これは保険会社などが取り決めている症状固定の原則に基づくもので、事故発生後約6か月間治療を継続しても症状の改善が見られない場合にはこれ以上治療を続けても治療費を無駄に費やすことになるということから、保険での治療費の補償を打ち切る戸いう制度に基づいています。この場合には、その時点での症状の程度により慰謝料を支払って示談を成立させるというのが多くの保険会社の対応です。

症状固定の原則

この症状固定の原則は決して被害者の事を考えたものではありません。保険料の節約を考慮した場合、一般的に6か月以上治療を継続しても、その後改善する可能性は非常に低いという統計学的数値が有り、これに基づき6か月を経過した時点で治療費を打ち切られてしまうという事が少なくありません。

しかし、むち打ちの症状は非常に発症が遅く、またその改善には数年かかることも有ると言われています。その為、6か月程度の治療でその後の改善の可能性を判断されてしまうことは非常に大きな問題となることも多く、また治療を打ち切ったために症状が悪化したという事例も有るため、現実的には個々の症例を元に判断することが重要になるのです。

むち打ちの症状は本人にとっては非常に苦しい物です。常に頸椎が圧迫され激痛が走ることも有るほか、適切な治療を行わないと手足の動きが阻害されてしまうことも有り、長期間にわたる適切な治療が必要になります。さらに治療中には症状の改善が見られない時期も有り、その期間を乗り切ることでさらに改善がみられることも有ります。これは人により個人差があるため、治療を担当する医師の見解により判断される必要があります。

むち打ち慰謝料増額には弁護士依頼

医師

むち打ちの治療費打ち切りを宣告された場合には、弁護士に相談するのがよい方法です。交通事故専門の弁護士で有ればこのような事例も多く取り扱っており、専門医との連携も強いため診断の内容から症状固定の状態かどうかを判断し、的確な対応をしてくれます。

さらに、症状固定と認められた場合でも、その後の慰謝料の交渉に於いて非常に大きな力となります。

一般的に保険会社の場合には慰謝料から支払った治療費を差し引いた金額を提示してくることが多いものですが、治療費と慰謝料は別個に扱われるため、症状に見合った慰謝料を請求することが可能です。

そのためにも、むち打ち慰謝料相場がどれぐらいか知っておく必要があります。

自賠責基準のむち打ち慰謝料

自賠責基準によると、1日あたりを4200円として、実通院日数の2倍か、通院期間の少ない方を基準の日数として計算します。

(事例)たとえば、むちうちによって2ヶ月の間に20日通院した場合には、実通院日数の2倍である40日を基準にして計算します。
4200円×40日=16万8000円が相場

任意保険基準のむち打ち慰謝料相場

任意保険基準の場合には、2ヶ月の通院の場合

25万2000円程度が相場

弁護士基準のむち打ち慰謝料相場

弁護士基準の慰謝料は、弁護士に依頼するということを前提に決められる値段です。弁護士・裁判基準なら、2ヶ月の通院の場合

36万円~52万円程度が相場

以上からわかるように、むち打ちは弁護士基準になると相場が上がることが分かります。

また、治療期間が長いほど、むち打ち慰謝料相場が向上しますので、治療期間を長く受けた方が、むち打ち慰謝料は増額できるのです。

つまり、保険会社から、治療費打ち切りを宣言されても、医師が「症状固定」をいうまでは、治療を続けた方が、慰謝料は増額できるのです。

交通事故むちうち!慰謝料相場と治療リハビリ通院期間が長いと増額
(参考元 「交通事故弁護士相談Cafe」より 2016/12時点 著者調べ)

保険会社が治療費打ち切りを言ってきても、自分の健康保険で通院しながら、適切な慰謝料を獲得するようにしましょう。わからないことがあれば、治療段階から弁護士相談することをお勧めします。