交通事故むちうち後遺障害14級の認定適正判断

      交通事故むちうち後遺障害14級の認定適正判断 はコメントを受け付けていません。

fotolia_100396293_subscription_monthly_m

後遺障害14級とは?

後遺障害とは急性期症状が治癒した後ものこってしまった機能障害や神経症状などの症状や障害のことを言います。

交通事故によって受傷した精神的・肉体的な障害(ケガ)が、将来においても回復の見込めない状態となり(症状固定)、交通事故とその症状j固定状態との間に相当因果関係(確かな関連性・整合性)が認められ。その存在が医学的に認められる(証明できる、説明できる)もので、労働能力の喪失(低下)を伴うもので、その程度が自賠法施行令の等級に該当するもの。と定期されています。

後遺障害で最も低い等級が14級です。しかし一般的には 14級でも非常に後遺障害等級認定は取りにくいと言われています。しかし、14級を取得するかしないかによって、交通事故の補償金は格段にさが生まれてきます。

後遺障害等級14級の認定条件は、

  1. 眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
  2. 三歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  3. 一耳の聴力が一メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
  4. 上肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
  5. 下肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
  6. 一手のおや指以外の手指の指骨の一部を失つたもの
  7. 一手のおや指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの
  8. 一足の第三の足指以下の一又は二の足指の用を廃したもの
  9. 局部に神経症状を残すもの

以上9つの条件のうち1つでも当てはまる症状があれば、後遺障害14級認定となります。

むちうちは、神経症状

このなかで交通事故むちうちは、9番目の局部に神経症状を残すものにあてはまります。

しかし、神経症状は目に見えにくいことや、明確な医学所見が判別しにくいことから、交通事故との関連性が低いと判断されることもあるようです。

交通事故でむちうちと診断されたときや、それに近い症状があらわれたときには認定されるものかどうかを確認するひつようがあります。ただし、むちうちは神経症状ですので等級取得に当てはまらないと判断される可能性があります。14級取得のにんていが適正がどうかの判断が必要となってくるのです。

この判断に関しては、医学的知識や法的知識が必要となってきますので、ご自身で判断することは難しくなってきます。ですので、交通事故のむちうちに関して、詳しい専門家に相談することが必要となってきます。専門的な知識がないことには判断をしようがありません。適正な等級を認定されることによって、慰謝料が格段に増額することがありますので交通事故むちうちに詳しい弁護士に相談をしましょう。