交通事故むちうちなど後遺障害等級12級が適用される場合の慰謝料

      交通事故むちうちなど後遺障害等級12級が適用される場合の慰謝料 はコメントを受け付けていません。

794bd065b8fefb5933bdff86055308ef_s

むちうちはレントゲンに映らない??

交通事故に見舞われたとき、切り傷や骨折だけでなく神経痛や体を動かすことが難しくなる後遺障害が残ることもあります。そういった後遺障害があったとしても、レントゲン画像を見てもよくわからない、というように本人だけが感じる症状もあるので、他人に理解してもらうのは非常に難しい問題です。

もちろん、後遺障害が残っているのであれば、慰謝料を請求することができるので、治療を行っていくうえで経済的な負担はある程度軽減することが出来ます。ただし、そのためには医学的に症状があることを立証しなければいけません。

むちうちの後遺障害等級は12級

さて、交通事故で生じる症状で最も多いのは12級です。

12級といってもさらに1号から14号まで分類されて、交通事故むちうちであれば8号である「長管骨に変形を残すもの」に当てはまります。

この12級に当てはまる後遺障害は、怪我の状態としては一部分に著しい神経症状が起こり、体の機能が落ちてしまうとされています。そのために健康な状態であればできた仕事が出来なくなる、つまり失われた利益がでてしまいます。この割合は等級ごとに労働能力損失率という数字が設定されており、12級であれば労働能力損失率は14%となっています。

慰謝料の計算では、年収にこの労働能力損失率を掛け合わせ、さらに慰謝料という形で将来得られるはずだったお金から得られる利益(ライプニッツ係数)を控除して計算されていきます。

慰謝料がこのように計算されるとしても、実際に十分な額を受け取れるかというと、交通事故の被害者から保険会社に請求したとき、相場よりも低い金額の支払いしか提示されないことが多いのです。しかし保険会社が提示した金額はそれが最終的な決定ではありません。

被害者が弁護士に依頼して、保険会社と交渉してもらうことで、最初の提示額の2倍、3倍もの金額を受け取れるようになるからです。もし、弁護士が出てきても合意に至らないというのであれば、最後は裁判で決着となります。裁判所も慰謝料の相場は理解していますから、適切な後遺障害の認定を得られれば心配はありません。

さて、そうなるといかに交渉をうまく進めるかは弁護士の選び方にかかってきます。弁護士には刑事事件が得意な弁護士もいれば民事事件を得意とする弁護士もいます。民事事件でもさらに離婚や相続など多種多少です。その中から交通事故を得意とする弁護士を探すようにしましょう。たいていの場合には弁護士事務所のサイトに得意分野が書いてあります。