もらい事故にも適用される事がある弁護士費用特約とは

      もらい事故にも適用される事がある弁護士費用特約とは はコメントを受け付けていません。

4a9c2752411dc739f096476fc6a15e6c_s

弁護士依頼の障害は費用負担

交通事故の被害に遭った時、加害者に対して損害賠償を求める時には、弁護士に相談をした上で、依頼する必要があります。その費用の支払いは、事故の加害者ではなく弁護士の依頼者、つまりは被害者が支払う必要があります。この費用は決して安いとは言えません。そのため、費用を支払うことを躊躇する人も少なくはなく、そのために十分な補償を受けることが出来ないという場合も少なくはありません。

このような事を防ぐことを目的とした保険商品が、弁護士費用特約が付帯しているもので、自動車保険や火災保険などに付帯していることが多いようです。

弁護士費用特約とは?

弁護士費用特約の内容については、保険会社によっても異なりますし、契約しているプランによっても異なる可能性がありますので、あらかじめ内容を確認しておくようにしましょう。なお、交通事故は、車に乗っていた場合の事故だけではなく、歩行中や自転車の乗っていた時に車にはねられた時などもあります。

保険会社によっては、自動車が関係する事故にのみ特約が適用されるところもありますので、確認が必要でしょう。弁護士費用特約が適用されるかどうかを確認する方法としては、契約している保険会社に問い合わせをするという方法が最も簡単で最も確実です。

弁護士費用特約は、自分に過失割合があるもらい事故の場合などでも使うことが出来る場合があります。

車を所有しておらず、損害保険に加入していないという場合にも、弁護士費用特約が適用されることがあります。それが、同居している家族が保険に加入しているという場合です。保険が適用される人の範囲は、保険約款に規定されていますが、契約をする際に決めた記名被保険者がベースとなっていることがあります。
自動車保険を契約する時には、保険をかける車を決めますが、この車のことを契約自動車と言い、契約自動車に登場中の人や記名被保険者の配偶者、配偶者の同様の親族など幅広い範囲でカバーすることが出来ることもあります。

保険を使うと、等級が下がってしまうという事が懸念する人もいますが、保険の等級がダウンするわけではありませんので、保険契約者以外の人が使ったとしても、契約者に迷惑をかけるということはないでしょう。
実際に特約を使うという場合、保険会社が選んだ弁護士を選ぶ必要はなく、他の弁護士に依頼した場合でも特約が適用されます。特約を使う際の手順については、まずは、加入している保険会社に特約を使うという事を伝えるようにしましょう。

追突事故などは、むち打ち症になりやすく、過失も被害者側は0であることが基本です。むち打ち慰謝料を請求するうえで、弁護士費用特約とは切っても切れない関係なのです。